2007年04月06日

平常心の難しさ

 
折角方針や戦略を立てても、その通りに打てないのでは、何の意味も無い。
しかし、対局中は様々な状況に、心が揺り動かされる。
東一局で跳満の親カブリを食ったり、勝負手をノミ手でかわされたり……
冷静さを失わせる原因が、其処彼処で浮上する。


冷静さを失い、一貫性がなくなった麻雀ほど、惨めなものはない。
攻撃一辺倒になる訳でもなく、勝負を完全に放棄する訳でもない。
中途半端に攻めたり守ったりして、結果点棒だけを減らす。
そして、ますます落ち着きを取り戻す機会を失う。


フォームを身に付けるには、どんな状況であっても常に、同じフォームを保
つように心がける事が肝要なのだろう。
順位も、結果も気にせず、とにかく同じフォームで打ち続ける。
そうすれば、やがてはフォームが自分のものになり、多少の心理的動揺が
あったとしても、ブレない戦い方が出来るようになる筈である。


一時的な「順位」や「結果」にとらわれず、今はフォームを形作る為の闘牌を、
積み重ねていきたい。
その気持ちを、忘れないようにしたい。
 
posted by neji at 14:06| Comment(0) | TrackBack(0) | オンライン麻雀 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。